連 盟 会 長 挨 拶


齊藤



  平成最後の31年度がスタートしました。そして新元号 『令和』 も決定しました。

平成から令和にかけて、ソフトバレーボールを楽しみ、励み、競い合っていける事をうれしく思います。

静岡県ソフトバレーボール連盟が発足して今年で20年を迎えました。そこで今年は「創立20周年を祝い、全国大会を成功させよう」を合い言葉で頑張りましょう。

本連盟は他県よりもはやくソフトバレーボールの愛好者を支え、多くの大会を開催し、情報を提供する等大きな役割を果たしてまいりました。こうした連盟の活動が発足して20年となり、おおくのチームや愛好者が生まれ、ソフトバレーボールを楽しんでいます。全国の中でも愛好者が多く登録しており、また未登録者が多くいるなど誇れる状況にあります。これはみなさんが、各種大会でソフトバレーボールを楽しみ・いい汗をかいているおかげです。また、練習や大会に参加してすそ野を広げていただき活動・活躍している結果だと感じております。

愛好者が本連盟主催の大会や各地域・各種大会に参加し、プレーしていることは、私どもには大きな励みであります。この一年もみなさんの元気な姿とプレーを楽しみにしています。

ソフトバレーボールは「いつでも・どこでも・だれでもそしていつまでも」楽しめる生涯スポーツであります。この精神を忘れずに本年も続けていきましょう。

 さて本年は連盟20周年を記念して、「全国ソフトバレーボール・レディースフェスティバル」の開催となります。この記念の年に全国大会が開催されることは大きな喜びです。全国大会開催は2006年の「ねんりんピック三島大会」以来です。レディース大会ですが,全国47都道府県から選抜された女性競技者が開催市静岡を訪れ、各都道府県代表として素晴らしいプレーを見せてくれると期待しています。開催にあたり競技運営では多くの役員が必要です。関係者にはご迷惑をおかけしますが、大会が成功裡に終了しますようにみなさまのご協力とご支援をよろしくお願いします。

連盟では20019年度も数多くの事業(大会等)を計画しました。

全国・東海への予選大会等を中心に5大会を主催し、東部・中部・西部支部では2大会以上を開催します。また「リーダー養成講習会」等も実施します。生涯スポーツとして、小学生の部門から再度バレーボールに挑戦する部門や生涯現役スポーツの部門まで幅広く、年齢に応じた大会運営(エンジョイ・チャンピオン)を工夫してまいります。

最後になりますが、愛好者のみなさんが「楽しく、いい汗をかいたなぁ〜、また参加しよう」と言っていただけるように、本連盟は役員一丸となり運営し、愛好者のみなさんとともに歩んでいきたいと思っています。本年も静岡県ソフトバレーボール連盟へのご理解とご協力・ご支援をお願い申しあげます。

齊藤 進