連 盟 会 長 挨 拶


齊藤



 平成29年度が始まりました。

常日頃からソフトバレーボールを楽しみ、励み、競い合っていることをうれしく思います。

さてこの一年は「人は創(つく)ることを忘れなければ、いつまでも若い」の言葉を

みなさんと共に歩んでいきたいと思います。静岡県ソフトバレーボール連盟が発足して

今年で18年を迎えました。早いものです。本連盟は他県よりも早くソフトバレーボールの

愛好者を支え、情報を提供する等大きな役割を果たしてまいりました。

昨年度の日本バレーボール連盟(JVA)への個人登録メンバーが 1、002名であり

チーム登録は85チームでした。多くのチームが登録を継続していることに感謝申しあげます。

これも県内ソフトバレーボールの愛好者のみなさんが、ソフトバレーボールを楽しんでいるおかげです。

そして、すそ野を広げていただき活躍している結果だと感じております。

多くの愛好者が本連盟主催の大会や各地域・各種大会に参加し、プレーしていることは

私どもには大きな励みであります。この一年もみなさんの元気な姿とプレーを楽しみにしています。

昨年度は「百の頂に 百の喜びあり」を合言葉に紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

それぞれ個人やチームはそれぞれの目標を掲げていると思います。

目標を達成して喜びを味わうことができたでしょうか。

今年度、「若さ」は大きな力でありエネルギーであることを自覚して、その若さを維持し取り戻す

1年であることを願っております。そのためには強く・柔軟な心や一歩でも前進する技術を磨くことです。

ソフトバレーボールは「いつでも・どこでも・だれでも」楽しめる生涯スポーツであす。

この精神を忘れずに続けてください。

さて本連盟は,今年度も数多くの事業(大会等)を計画しました。

中でも11月に行われる東海大会は本県(浜松市)開催です。

本連盟は大会成功のために準備・運営していきます。また、愛好者のみなさんも出場をめざし励んでください。

県連盟全体では全国・東海への予選大会等を中心に5大会を主催し

東部・中部・西部支部では2大会以上を開催します。生涯スポーツとして

小学生の部門から万年スポーツ人生の部門まで幅広く、年齢に応じた

大会運営(エンジョイ・チャンピオン)を工夫してまいります。

またJVA未登録メンバーの方にも大会への参加が出来るように大会要項を変更し

県内ソフトバレーボールが大きく羽ばたき、どこかでソフトバレーボールで笑顔の

交流が広がることを願っています。

さて、今年度は各市町の競技会場の改修工事が行われる予定です。

みなさまには大会の精選や会場・開催日の変更等がありますのでご理解をお願いします。

最後になりますが、愛好者のみなさんが「楽しく、いい汗をかいたなぁ〜、また参加しよう」

と言っていただけるように、本連盟は新理事長萩原博行のもと、一丸となり運営してまいります。

今後も静岡県ソフトバレーボール連盟へのご理解とご協力・ご支援をお願い申しあげます。 齊藤 進